トップ  >  未分類  >  イタリアで日本の体脂肪計を買う。

2015年02月22日 イタリアで日本の体脂肪計を買う。

使っていた体重計が壊れました。
重さで壊れたのだろうか?違うよねっ!?



スーパーのポイント集めて買った、ティファールの体重計。
日本では、お鍋やフライパンで有名なフランスのメーカーですが、体重計も出しています。

毎日乗ってたら、ある日どんどん痩せてきました。
3日で2キロ位痩せたあたりから、コレは壊れてるのでは!?と思い始めました。
試しに、30センチ位体重計を動かして、試したところ場所によって体重がぜんぜん違う!
電池を変えてもダメだったので、新しい体重計を買うことにしました。

日本だととても安い、体脂肪計を次回帰国時に買おうと思っていたのですが、
それまで待てなくなりました。
アマゾンイタリーで探すことに。
オムロンやタニタなども売っておりますが、何せ高い。
旧式のものなのに、高い。
旧式でも日本の倍以上するものもあります。
オムロンの日本の価格と大きく差がでない商品を買うことにしました。
だって、こういう体重計でどうやって正確な体重をはかれるでしょうか?
いや、はかれない(反語)。

IMG_3494.jpg

イタリアにも通販がありますが、時間指定は一切出来ません。
注文したらひたすら待つ。
じっと待つ。
受け取り日が決まったら一日中出かけられません。
便利な通販のはずなのに、超メンドクサイです。
仕事が暇な頃を見計らって注文します。
通販によっては配送業者が違うのですが、アマゾンイタリーでは郵便局を利用しています。
大雑把に言うと、ゆうパックみたいなもんですが、大日本帝国郵便みたいに正確丁寧ではありません。

宅配の種類にもよりますが、勝手に郵便物を家の外に置かれてしまいます。
他の宅配業者は受領サインを貰わなければいけません。
でも、サインいらずのゆうパック(受領サインがいるものもありますが)は、
郵便屋が外に置いて置くのです。
うちは道路に面した外にポストがありますので、盗まれます。
便利なはずの通販が全く便利じゃないんです。

ところが、今回良く見たら、アマゾンイタリー、家の近所の郵便局で受け取れるようになっていました。
近い郵便局を指定して受け取ることが出来る!
うおおっぉおおお!なんという進化!

近所の郵便局を指定して、受け取り日に行ったところ、私の前には30人もの待つ人々が!
イタリアでは、切手を買う以外にも、公共料金、年金受取り、税金の支払いなどなど、あらゆる老若男女がいて、郵便局内はごった返していました。
特に、税金の支払の人は滅茶苦茶時間がかかる。
税金の支払は家でネットバンキングでしろよ!と叫びたくなります。
しかも、郵便局員は日本のそれと比べてやることが遅い。
コーヒー飲みに行ってみたり。

1時間半以上待って、自分の順番になり、心身ともに疲れた。
持って帰って開けてみましたよ。

IMG_3498.jpg

ふう。箱の右下の日の丸マークが目に染みる。(中国で作ってるけど)


IMG_3106.jpg

日の丸オムロン様に乗ってみたところ、ティファール体重計より2キロ多く表示された・・・!
ぎゃあああ。
オムロン様は正確らしい。。。

決定的瞬間を見た! | トップページへ戻る | 新 椅子を買う

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけメッセージを送る

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る