トップ  >  未分類  >  旅は道連れ

2011年11月24日 旅は道連れ

旅先で、枕が変わったら寝れない、という人がいる。
枕が合わないひとは、高級ホテルだと、頼めば変えてくれるのだけど。

変えてはくれるけど、ちょっと恥ずかしかったりしますね。
レセプションで、「枕変えてもらえませんか?」って頼むの。
なんか、枕変わったくらいでアンタ寝れないの!?みたいな。
内面を露見しなきゃいけない、みたいな。
でも、頼まないと眠れないかもとか、思うのだろう。

確かに寝れないと辛い。





旅先で、思わぬ光景を目にすることもあるが、今日たまに見た、こういう人。
左のおじさんじゃないよ。
真ん中のおんなのひと。


11205.jpg


決して若者とは言えない、バックパッカーである。
30代、40代くらいかな?こんな歳のバックパッカー珍しい。
そんなことが言いたいんじゃなくて、よく見てみると。





枕!枕、背中に抱えてるやないかい!

この女性は、枕をリュックに縛って旅をしているのであった。

これから、この姿で新幹線に乗って水の都ヴェネツィアに行くのだった。

さすがに、これでゴンドラ乗らんと思うけど。

実はこういう人を見るのは初めてではなく、数ヶ月前も、アメリカ人の女の子が、
街のど真ん中で、トランクをひきづりつつ、片手には枕を抱えていたのを目撃した。
まるで今から寝室に行くそぶりで、おやすみなさいって言いそうになったけど。
目撃したのは朝だった。

こういう堂々とした光景をみると、アタシ、枕が変わったら寝れないんです。
という秘密を露見して歩いているようで面白いですね。
アタシ、枕変わると寝れないんだよ!的な、大胆なアピール。



案外、この枕の持ち主は隣の背の高いハンサムな彼氏のものかもしれないけど。

いや、待てよ!
ハンサム!寝れないんだったら、恥ずかしがらないで自分で持って行けよ!
女に恥をかかせるんじゃないわよう!
やだ!ま、待って!
やっぱ、こんなハンサムなんだもん。アタシが持つよ。
他人から、どう思われたって構わない!
(妄想終了)



例えばこのネコのように、夜遅くまで、こんなのを見つめたり。


18111


こんなのを見つめてみたり。


18112


そんなことしてると眠れなくなるとは思います。

ラーメン錬金術 | トップページへ戻る | 中学1年1学期

このページのトップに戻る

コメント

たとえば・・・

旅の行程に野宿が入ってるとか?
・・・んなワケないか (*^m^*)

私は家の枕よりホテルの枕の方が合います。
ホテルだともの凄くよく眠れます・・・
こういうのも、逆にどうかと思いますが (;^_^A

でも、確かにこの女の人、
荷物に占める枕の割合からして
相当枕にこだわってるとしか・・・

コメントの編集

澤木先生
ホテルの枕のほうがよく寝れるって、、、
どんな快適と程遠い睡眠をとってらっしゃるのか
心配です。

そうです。問題の一つはこの西洋枕の大きさです。
日本のそれとはちがって少し大きめ。
大きな西洋枕(この総称で良いのでしょうか?)を、
くくりつけた場合、このリュックより大きい。
こんなにしてまでもマイ枕と旅をしたいのか!?

ちなみに私は、枕なしでも大丈夫。
だから、頭が絶壁になったのではないかと思っています。

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけメッセージを送る

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る